NETGEAR ReadyNAS 214 4ベイ デスクトップ型を使ってみた

ネットワークストレージ(NAS)をamazonで購入。

NETGEARは、アメリカ合衆国の企業で、中小企業と家庭向けのネットワークソリューションに特化し、コンピュータネットワーク機器などのハードウェアを製造販売しています。

ハードディスク無しを購入したので商品は以下の通り。

amazonから届いた商品はこんな感じ!
かなりしっかりめな外箱の段ボールに入ってきました。

外箱から出してみるとさらにパッケージの箱。

ReadyNAS 214のセット内容

本体、付属品はこんな感じ左から
①コンセント3種
②ACアダプター
③LANケーブル
④説明書他
⑤本体

ネットワークストレージ(NAS)の設定

実は、NASを使うのは初めて、設定とか面倒くさいのかな~と思いながらいじってみました。まず自分はハードディスク無しのタイプを買ったので本体の中は当然なにもありません。自宅にあった使い古しのウェスタンデジタルの3TBを二つと同社の1TBが余っていたのでそれを使用しました。

まず、良く分からなかったので3TB1枚を挿入してみました。認識も何もしてくれない!!電源抜き差ししてもLANケーブルを抜き差ししても認識してくれません。そこで一旦ハードディスクをPCにつなぎフォーマットをして再度挿入してみたらあっさり認識してくれました。いったい何をしていたんだか・・・

 

やっぱり説明書を読まなければ

何となく感覚で使えてしまいそうだと思ったのですが甘かったです。

以下のPDFをよく読んだら簡単にできました。

ReadyCLOUD を利用した ReadyNAS セットアップ方法

やっぱりちゃんと説明書読まないと駄目ですね。

 

設定は簡単でした

ReadyNASには、初期設定の自動でボリュームとRAIDを設定してくれる「X-RAID2」と、自分でボリュームを設定する「Flex-RAID」モードがあり、「X-RAID2」はハードディスクを追加または差替えすると自動で容量を拡張することもできるので、とても便利ですが、自分は3TB×2枚をRAID1、1TB×1枚を通常のボリュームで使用したかったので「Flex-RAID」に変更しました。

 

ReadyNAS 214の使用感

使用感は、アクセススピードもまずまずで使い勝手はとても良いです。複数台のPCからもアクセスできるし、外付けハードディスクとは一味違った使い勝手があります。

javaを使用した「ReadyCloudClient」というアプリをインストールするとタスクトレイ(windows)に常駐しそちらからアクセスが簡単にできるようになりますが、使用した感じPCの動作がすこしもっさりした感じになってしまったので、利用を中止しショートカットでアクセスするようにしました。

0