SONY FDR-AX700を触ってみた

デジもの

ソニー民生用フラッグシップモデル4Kハンディカムを購入したのでちょっとご紹介します。

ビデオカメラについてまだド素人のため、素人なりの見方をしてみます。

ボタンがいっぱいあるし、手振れ補正も空間光学手ブレ補正が搭載されている同メーカーのFDR-AX60と比べると補正効果が弱いのですが、一般ユーザー用というよりもハイアマチュア向けという位置づけになるビデオカメラとなります。

FDR-AX700のセット内容

左上から(ビニールが光って見えにくいですが)
①バッテリー(NP-FV70A)
②本体(レンズキャップ付き)
③説明書他
④ワイヤレスリモコン
⑤USBケーブル
⑥電源コード
⑦ACアダプター
⑧大型アイカップ
⑨レンズフード

FDR-AX-100と何が変わった?

2014年に発売された前機種フラッグシップ機AX-100発売から3年たった本機ですが、ぱっと見はほとんど変わらないです。ネットでは、AX700の評判も色々ですが、どこが変わったのでしょうか?

オートフォーカスの進化

デジタル一眼カメラの「α」シリーズで培った高速で高精度な位相差AF技術と、動画向けに新開発したアルゴリズムを組み合わせで、AX100に比べ、約3倍の速さ。動きのはやい被写体でもすばやくピントが合いやすくなったようです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP